リリース情報

Zabbix 4.0.2、3.0.24リリース

Zabbix 4.0.2と3.0.24がリリースされました。

4.0.2での主な機能の追加や修正は以下の通りです。

Zabbix 3.4.15リリース

すでにサポート期間は終了しているのですが、3.4.15がリリースされたようです。

異常終了してしまう多数の問題が解決されているようですので、継続して3.4を利用されたい方は、リリースノートの詳細をご確認頂き、現時点で発生している問題が解決するかを確認してみてください。

リリースの詳細な情報はリリースノートやマニュアルなどをご参照ください。

ダウンロードは以下のURLから行うことができます。

Zabbix 4.0.1、3.0.23リリース

Zabbix 4.0.1と3.0.23がリリースされました。

4.0.1での主な機能の追加や修正は以下の通りです。

  • ホストやテンプレートのフィルター機能の追加
  • 'fullscreen'や'kiosk'といったURLパラメータによってそれぞれのレイアウト画面に遷移可
  • メモリ関連のエラーメッセージを改善
  • エスカレータプロセスや保存前処理用プロセスのパフォーマンス改善
  • PHPエラーを修正
  • ホストグループの同期時のクラッシュエラーを修正
  • AIX上のsystem.stat[ent]、system.stat[cpu,pc]、system.stat[cpu,ec]の拡張
  • イベント画面内の長いUTF8の表示名を修正
  • VMware関連のメモリキャッシュを改善
  • OpenSSL 1.1.1をサポート
  • グラフ表示のY軸の計算を改善
  • OracleやPostgreSQL使用時のSQLエラーを修正

3.0.23でも同様の修正が行われているようです。

Zabbix 4.0.0リリース

Zabbix 4.0.0がリリースされました。

今回はメジャーバージョンアップとなるバージョンです。

さらに、LTSでもあるので、より長いサポート期間が提供されるバージョンとなっています。

主な新機能は以下の通りです。

Zabbix 3.4.14、3.0.22リリース

【注意】VMware関連のアイテムが取得できなくなる場合があるようです。

ZBX-14853 : config.vpxd.stats.maxQueryMetrics

https://support.zabbix.com/browse/ZBX-14853


vCenter ServerまたはvCenter Server Applianceを使用されている場合、以下のKBの情報を参考にconfig.vpxd.stats.maxQueryMetricsの値を変更してみてください。

パフォーマンス チャートが空で次のエラーが表示される:要求を処理できるのは管理者のみです (Request processing is restricted by administrator) (2107096):

https://kb.vmware.com/s/article/2107096?lang=ja

コンテンツ配信