複数言語でアラート生成

Zabbix3.4.9の環境で、「アクション」→「実行内容」→「デフォルトのメッセージ」の文面を下記のように変更することは可能でしょうか?
日本ユーザ/海外ユーザのサーバ監視として、2言語で通知をだしたいという意図となります。

〇変更前
Problem started at {EVENT.TIME} on {EVENT.DATE}
Problem name: {TRIGGER.NAME}
Host: {HOST.NAME}
Severity: {TRIGGER.SEVERITY}

〇変更後
内容(Problem name): {TRIGGER.NAMEの英語表記} / {TRIGGER.NAMEの日本語表記}
ホスト(Host): {HOST.NAME}
深刻度(Severity): {TRIGGER.SEVERITYの英語表記} / {TRIGGER.SEVERITYの日本語表記}

上記で言えば、「Severity」から「深刻度(Severity)」への変更のみ、コンソール「管理」→「一般設定」から上記のように設定できると知りました。
その他の点について、ご教示頂けましたら幸いです。どうぞよろよろしくお願いいたします。

コメント表示オプション

お好みのコメント表示方法を選び「設定の保存」をクリックすると変更が反映されます。
ユーザー TNK の写真

Zabbixの標準の機能だけでは不可能です。

「管理」->「一般設定」内のトリガーの深刻度を日本語に変更して
しまったら、英語表記での{TRIGGER.SEVERITY}が使用できなくなっ
たはずです。

Severityだけであれば、メール送信用のスクリプトを作成し、それ
をメディアとして登録する方法が考えられます。
そのメール送信用のスクリプト内で、Severityの値によって対応す
る日本語表記の文字列を生成して、メールメッセージ内容の日本語
表記として利用するわけです。

トリガー名に関しては、英語表記と日本語表記両方を同じトリガー
に設定することはできません。
上記のスクリプト内ですべてのトリガーに対応した日本語表記生成
のロジックを組めるなら別ですが、トリガーが多数あった場合は実
現するのはかなり面倒になると思います。

実現する別の方法としては、英語表記のトリガーと日本語表記のト
リガーを作成して、アクションも英語表記用のアクションと日本語
表記用のアクションに分けるという実現方法が考えられるかもしれ
ません。

ユーザー eggplant の写真

TNKさん
ご丁寧なご回答ありがとうございます。
スクリプトで対応しだすとカオスになりそうですね…ご教示頂いた通り、アクションを分けるという観点で検討を進めたいと思います。
ありがとうございました