このサイトは統合監視ソフトウェア"Zabbix"の非公式日本コミュニティサイトです。日本におけるZabbixの普及を目標としています。
ZabbixはZabbix LLCにより開発され、日本国内のオフィシャルサポートはZabbix Japanが提供しています。

リリース情報

Zabbixオフィシャルリリース(ソースコード)

Zabbixオフィシャルパッケージ (rpm, deb)

Zabbix LLCのZabbix 2.2、3.0、3.4オフィシャルRPM(RHEL, CentOS), Deb(Debian, Ubuntu)パッケージはオフィシャルサイトからダウンロードできます。yum/aptの利用方法はZabbixオフィシャルドキュメントの説明をご確認ください。

コンパイル済みエージェントパッケージ

ソースコード、各種OS向けコンパイル済みZabbixエージェントもオフィシャルサイトからダウンロード可能です

Windowsエージェントインストーラーはサードパーティサイトからダウンロードできます。

ZABBIX 1.1beta9リリース

ZABBIX 1.1beta9がリリースされました。

以下、リリースノートの翻訳です。
------------------------------

ZABBIX 1.1beta9リリースノート

    このドキュメントはZABBIX1.1beta9のリリースノートです。
    以下にリリースの詳細を示します。
    これは過去の情報の訂正や主要なドキュメントの捕捉となります。

    このリリースでは様々な問題の修正と、いくつかの機能追加を行っています。


[変更点]

  * 監視不可(unreachable)ホスト用の監視プロセス

    タイムアウトが発生しているような状況で、ZABBIXの全体的な
    パフォーマンスを向上させるために、標準的な監視プロセスを

ZABBIX 1.1beta8リリース

ZABBIX 1.1beta8がリリースされました。

以下、リリースノートの翻訳です。
------------------------------

ZABBIX 1.1beta8リリースノート

    このドキュメントはZABBIX1.1beta8のリリースノートです。
    以下にリリースの詳細を示します。
    これは過去の情報の訂正や主要なドキュメントの補足となります。

    このリリースにおいて、1.1リリースに向けて機能追加の凍結を行います。
    以降、新機能の追加は行いません。

[変更点]

  * システムマップの階層化

    複数階層のマップを作成することが可能になりました。
    アイコンは下層のマップの全ての状態を表す場合と、

日本語Webインターフェース1.1bata7-1リリース

ZABBIX-1.1bata7用日本語Webインターフェースをリリースしました。

こちらからダウンロード可能です。

ZABBIX 1.1beta7リリース

ZABBIX 1.1beta7がリリースされました。以下、リリースノートの翻訳です。------------------------------* ZABBIX 1.1beta7リリースノートこのドキュメントはZABBIX1.1beta7のリリースノートです。以下にリリースの詳細を示します。これは過去の情報の訂正や主要なドキュメントの補足となります。次のリリースまでに、新しいテンプレートを導入する予定です。まだ機能追加の凍結は行われていません。[変更点]* 新しいホストテンプレートホストは1つのテンプレートのみにリンクすることができます。テンプレートは再帰的に利用可能です。例えばUnix->Oracle->Hostの場合、ホストはUnixテンプレートとOracleテンプレートの両方のアイテム、トリガー、グラフを利用します。* housekeeperの改善ZABBIX GUIは最新の情報のみ表示します。

ZABBIX 1.1bata6リリース

ZABBIX 1.1beta6がリリースされました。

以下、リリースノートの翻訳です。

------------------------------


* ZABBIX 1.1beta6リリースノート

このドキュメントはZABBIX1.1beta6のリリースノートです。
以下にリリースの詳細を示します。
これは過去の情報の訂正や主要なドキュメントの補足となります。


[変更点]

* GUIの改良

ZABBIXフロントエンドの見た目とセキュリティを改善しました。
テーブル要素を一括で選択できるフォームが追加されています。


* マップ機能のラベル位置

ラベルを表示する位置が選択可能です。


* ホストのタイムアウト時間

これまでは3回の試行失敗でホストが"Not Supported"となっていましたが、
コンテンツ配信